2010年11月

2010年11月13日(土)

ドイツから一時帰国した凜のお兄ちゃんが、お土産にフランケン・ワインを持ってきてくれました。

イメージ 1

辛口の白ワインですが、果物の香りがする感じで、爽やかでほのかな甘みがあります。

すぐに空けてしまいましたので、正月用に、インターネット通販で同じ銘柄のものを2本買い求めました。
(現在は売り切れ状態のようです。)

2010年11月29日(月)

今年の11月は、凜のお兄ちゃんが一時帰国したり、凜のママが体調を崩したりしていたので、凜を連れての遠出が出来ませんでした。

凜のママも元気になったので、遅れ馳せながら紅葉狩に出掛けることにしました。

目的地は、奥多摩白丸湖です。
湖畔にあるアースガーデン(←クリック)という、凜同席可のレストランで食事を取ることにしました。

11:15 国立府中IC→中央道→圏央道→日の出IC→吉野街道→青梅街道経由でアースガーデンに到着。
イメージ 1

イメージ 2

少し寒いのですが、凜同席は、テラス席です。
イメージ 3
膝掛を貸してくれます。

私が頼んだメニューは、麦きり茸のコロッケ凜のママ鱒の焼き魚セットです。
イメージ 4

食事の後、白丸湖畔の遊歩道を下流の白丸ダムに向かって歩きます。
イメージ 5
濃い緑色のみなも
イメージ 6
紅葉・黄葉が映って
イメージ 7
魅力的な光景です。

店の入口の橋の上から、青梅線の線路が見通せます。
1時間に上下4本通るE233系の電車を狙って、寒い中で頑張ってみますが、
イメージ 8
結果は、惨敗といった所です。

更に、青梅街道を進み、奥多摩湖:小河内ダムに行ってみます。
イメージ 9
ここでも、紅葉・黄葉の盛りは過ぎていますが
イメージ 10
辛うじて、その名残を楽しむことが出来ます。
イメージ 11

堰堤の上を渡り、対岸の公園に行ってみると
イメージ 12
来月13日に登る予定の御前山(ごぜんやま 1405m)の反対側の登山口がありました。
イメージ 13

奥多摩湖を後に、来た道を逆に辿って我が家に向かいます。

2010年11月26日(金)

紅葉・黄葉には少し遅いかなとも思いましたが、急に思い立って、高尾山紅葉狩を楽しむことにします。
朝6時、夜も明けきらない内に家を出ます。

7:00 高尾山口駅を出発。
琵琶滝道を行きます。

清滝駅を過ぎると、紅葉・黄葉の落葉がケーブルカーの土手を覆い尽くしています。
イメージ 1

登山道横の急な斜面にも見事な黄葉が見られます。
イメージ 2

頂上直前、輝く黄葉に元気づけられます。
イメージ 3

8:05 山頂に着くと、
イメージ 4
夜来の雨も止んで富士山が姿を見せてくれます。

頂上広場の紅葉。
イメージ 5

これより奥高尾
イメージ 6

紅葉台の茶店の廻りも紅い絨毯が敷き詰められています。
イメージ 8

振り返れば、ここからも、まだ富士山が見られます。
イメージ 7

黄葉を愛でつつ、一丁平を目指します。
イメージ 9

日の光を背に輝く紅葉
イメージ 10

8:45 一丁平到着。
イメージ 19
富士山は、雲に隠れてしまいました。


9:05 城山山頂に到着。
イメージ 11
茶屋の周りには、誰も居ません。
落葉だけが、かさこそと小さな音を立てています。
写真を撮っただけで、出発、小仏峠 (9:25)経由、休憩無しで景信山を目指します。

9:55 景信山山頂到着。
紅葉・黄葉は真っ盛りですが、
イメージ 13
茶店も開いておらず、ご夫婦が一組休んでおられるだけです。
イメージ 12

10:05 小仏バス停に向かって下山を開始します。
イメージ 14
遠くの峰の黄葉も楽しみながら、下って行きます。

10:40 景信山登山口を通って舗装された林道に出た後
イメージ 15
道の両側には、見事な紅葉・黄葉が見られます。
イメージ 16

10:50 小仏バス停を通り過ぎ、
イメージ 17
摺差峰尾豆腐店を目指して、もう一頑張り。
名物寄せ豆腐と豆腐のドーナツを買って、20分後のバスを待ちます。

バスで高尾駅前に着くと、駅の横を通っている
イメージ 18
国道20号線の公孫樹が見事に色付いています。

途中、冷えたビールも手に入れ、午後1時前無事帰宅しました。

2010年11月8日(月)

ご近所トレッキング会の11月例会は、山梨県都留市、西桂町、富士河口湖町に跨る三ツ峠(標高1,785m)です。
と付いていますがではありません。開運山(1,785m)、御巣鷹山(1,775m)、木無山(1,732m)の3つの頂上の総称です。
今回は、最高峰である開運山と木無山に登ります。


6:55 住宅地内の公園を出発し、
8:00 谷村PAで休憩。
河口湖に向けて更に進むと、車窓にわずかに雪を被った富士山が見えてきます。
イメージ 1

河口湖湖畔から黄葉の中を登山口に向かいます。
イメージ 2

9:00 三ツ峠登山口到着。
9:15 入念な準備体操を終えて登山開始
黄葉が朝日を受けて輝いています。
イメージ 3

道端の日影には、3-4cmの霜柱
イメージ 4

30分毎5分の休憩を取りながら、
イメージ 5
ゆったりとした歩調で、着実に登ってゆきます。

マユミが彼方此方に魅力的なピンクの実を付けています。
イメージ 6
但し、Wikipediaによれば「種子に含まれる脂肪油には薬理作用の激しい成分が含まれており、少量でも吐き気や下痢、大量に摂取すれば筋肉の麻痺を引き起こすため、種子や種は食べてはならない。」とのこと。

10:40 頂上直下の山小屋 四季楽園に到着。
眼前に、開運山の頂上下の大岩壁が迫ります。
有名なロッククライミングの練習場とのことです。
イメージ 7
<写真右下隅の(+)印をクリックすると大きな画像が見られます。>

鮮やかな色のウメモドキの実も目を惹きます。
イメージ 8

10:55 開運山山頂到着。
イメージ 9

正面に雄大な富士山が迫ります。
イメージ 10
<写真右下隅の(+)印をクリックすると大きな画像が見られます。>

三ツ峠 海抜1,786米(?!)と読めます。
イメージ 11

11:00 全員で記念撮影の後、木無山に向かって出発。
イメージ 12

再び、大岩壁を見ながら、四季楽園を過ぎたところで
同行のSさんが、ニホンカモシカを発見、見事撮影に成功しました。
イメージ 13
この写真は、Sさんからお借りしました。
<写真右下隅の(+)印をクリックすると大きな画像が見られます。>

三ツ峠山荘の横を通り抜ければ、木無山目の先です。

11:25 木無山山頂 到着
イメージ 14

ここで昼食です。
思い思いに腰を下ろし、持参の弁当を拡げます。
イメージ 15

12:00 6.5km先の 
イメージ 16
天上山ロープウェーを目指して出発です。
イメージ 17

黄葉を愛でながら、
イメージ 18
秋のトレッキングを思いっきり楽しみます。

林を抜けると、眺望が開けます。
眼下には、目指す河口湖の湖面を望み
イメージ 19
振り返れば、来し方の山並が仰ぎ見られます。
イメージ 20

路に敷き詰められた黄金色の絨毯を踏みしめて
イメージ 21
ひたすら下って行きます。
イメージ 22
紅葉も、見られます。

嘯山(うそぶきやま)(天上山)山頂の小御嶽神社を経て、
14:35 ロープウェイの山頂駅、富士見台駅 山頂展望台に到着。
イメージ 23
標高差219m(1075m-856m)、河口湖畔まで一気に下ります。

足下の山燃えています。
イメージ 24
<写真右下隅の(+)印をクリックすると大きな画像が見られます。>

河口湖温泉の元湯天水
イメージ 25
山の汗を流し、湯上りのビールを飲みながら、恒例の「反省会」。

暗くなり始めた富士山と河口湖に別れを告げ、
イメージ 26
家路を急ぎます。

2010年11月9日(火)

カレーライス・ビーンズサラダ・牛乳
イメージ 1

↑このページのトップヘ