<2023年10月7日(土)>

新神戸 布引ハーブ園ケーブルの駅前から、街歩きを始めます
倉敷旅行20231007_093336P0841
前回(5月)(←クリック)取(撮)りこぼした館を巡ります

神戸トリックアート不思議な領事館<旧 パナマ領事館 兼 領事住居> (明治後期)
倉敷旅行20231007_094537P0845
木造 地上2階建 寄棟造 桟瓦葺

風見鶏の館 <旧 G.トーマス(Gottfried Thomas 1871年-1950年)邸> (1904年) 
神戸旅行20230516_124043P0062ブログ
寄棟造 スレート葺 地上2階(一部3階建)塔屋付 地下1階 
地階は御影石積、1階は煉瓦造、2階は
木造ハーフティンバー
建築面積 217.80㎡
延床面積 891.03㎡ 
重要文化財                 (Wikipedia)
今回は入館する心算でしたが、何と10月1日から、改修のため閉館だそうです
「もう一度、神戸にいらっしゃい!!」ということのようです
倉敷旅行20231007_095159P0851

こちらも前回、急な階段に恐れをなして回避した 北野天満神社 (1180年)
倉敷旅行20231007_095611P0854
挑戦します
やっとのことで階段を登り切ると、目の前には風見鶏の館、
倉敷旅行20231007_100619P0864
そして神戸の街を望むことが出来ます
倉敷旅行20231007_100018P0859
更に
倉敷旅行20231007_100548P0863
階段を登って
倉敷旅行20231007_100313P0862
本殿にお参りをします
倉敷旅行20231007_100242P0860
石畳の道には魅力的な消火栓も
倉敷旅行20231007_101746P0874
路地を下っていきます
倉敷旅行20231007_101933P0875
トアロードに出ると、左手には神戸北野ホテル
倉敷旅行20231007_103759P0885
右手には、東天閣 <旧ビショップF・Bichoff邸 >(1894年)が見えてきます
倉敷旅行20231007_103546P0879
現存する最古の異人館だそうです
木造2階建 寄棟造 桟瓦葺 下見板張り オイルペンキ塗  (北野異人館ネット)

神戸ムスリムモスク(Kobe Muslim Mosque) (1935年)
パールストリートにある日本最初のモスクです
倉敷旅行20231007_104520P0890
RC造 3階建
倉敷旅行20231007_104728P0893
パールロードの道幅が狭い為に、建物の全体を見渡すことが出来ません

何やら曰く有り気な・・・・
倉敷旅行20231007_105452P0897

スターバックス コーヒー神戸北野異人館店
<旧 フロインドリーブH.Freundlieb)邸 > (1907年)
倉敷旅行20231007_113407P0903
1907年にM.J.シェー邸として北野町1丁目に建設
後に、ドイツパン職人ハインリヒ・フロインドリーブが所有
2001年、現在地北野坂に移転・再構築 
由緒のあるコロニアルスタイル西洋館  木造 地上2階建
倉敷旅行20231007_112204P0901
2階の趣ある部屋でコーヒーを頂きます

北野坂を下っていくと、これまた趣のある 北野坂にしむら珈琲店が
見えてきます
倉敷旅行20231007_114026P0909
北野坂から右折して中山手通に入ると
倉敷旅行20231007_115028P0917
神戸にしむら珈琲店 中山手本店が、木組みの美しい姿を見せてくれます

森を抜けて、生田神社の境内に入っていきます
倉敷旅行20231007_115513P0922
稲荷神社 <御祭神 稲倉魂命(うがのみたまのみこと)>
倉敷旅行20231007_120054P0929
拝殿 
倉敷旅行20231007_120518P0934
奥に本殿があります <御祭神 稚日女尊(わかひるめのみこと)>

楼門
倉敷旅行20231007_120651P0936
鳥居を潜って
倉敷旅行20231007_120922P0940
三宮駅に向かいます
ガード下の街中華で軽い昼食を取ります
倉敷旅行20231007_123739P0944
最後に、新神戸駅横の 竹中大工道具館を訪ねます
倉敷旅行20231007_132151P0945
広い敷地の奥に
倉敷旅行20231007_132229P0946
ガラス張りの建物がひっそりと佇んでいます
倉敷旅行20231007_132322P0948
玄関前で入館記念の一枚
倉敷旅行20231007_134353P0963
大工道具館らしい、鉋の入場券(右下)と鋸や墨壺の描かれたパンフレット
倉敷旅行20231007竹中大樹道具館入場券(1)
色々な大工道具や
倉敷旅行20231007_133148P0955
木組みの模型、
倉敷旅行20231007_133437P0958
茶室の実物大模型等興味をそそる展示が続きます
倉敷旅行20231007_134028P0959
ドイツの木組みの家の
倉敷旅行20231007_233605P0993
模型もありました

新幹線発車迄の時間を、駅構内の喫茶店でゆったりと過ごします
倉敷旅行20231007_140817P0964
15:30発 のぞみ32号で帰京します
倉敷旅行20231007_154002P0983

19:30 過ぎ我が家に帰り着きました

倉敷、吹屋、神戸の街歩きを満喫した旅でした

倉敷・吹屋・神戸旅行 目次 に戻る(←クリック)

<2023年10月6日(金)>

朝食の後、アイビースクエアに行ってみます
倉敷旅行20231006_080200P0599
本館を抜けて
倉敷旅行20231006_080127P0598
蔦に覆われた
倉敷旅行20231006_080539P0605
煉瓦壁の続く
倉敷旅行20231006_080628P0606
敷地内を
倉敷旅行20231006_080635P0607
巡ります
倉敷旅行20231006_080745P0610
魅力的な洋館が見えています 
旧 倉敷紡績倉敷工場事務所 (1989年)
倉敷旅行20231006_080909P0613
手前右手に見える四角い井戸枠は、旧 代官所の遺構です
旧 児島虎次郎記念館(2017年閉館) 元 紡績工場の製品倉庫です
倉敷旅行20231006_081029P0619
西門を出て



倉敷旅行20231006_081201P0622
街へ戻ります
倉敷旅行20231006_081233P0624
宿を引き払い、大きな旅行鞄を倉敷駅のコインロッカーに預け、
街歩きに戻ります


大橋家住宅(←クリック) (1796-1799年)
倉敷旅行20231006_101302P0665
江戸時代後期から干拓による新田開発や金融業で財を成した
大橋家の住宅です
見取図 
20231006倉敷大橋家見取図
入口の長屋門から、前庭の向こうの母屋が見通せます
倉敷旅行20231006_101638P0669修正
潜りの向こうに大座敷の庭が見えています

倉敷旅行20231006_101807P0671
土間から長屋門を振り返ります
倉敷旅行20231006_101906P0672
廚の土間
倉敷旅行20231006_102025P0674
厨の外の井戸
倉敷旅行20231006_102142P0675
膳が並んでいます
倉敷旅行20231006_102515P0679
新座敷
倉敷旅行20231006_102624P0680
大座敷の奥に
倉敷旅行20231006_103114P0685
書斎
倉敷旅行20231006_103253P0686
庭から
倉敷旅行20231006_103549P0688
大座敷と書斎を望みます
倉敷旅行20231006_103604P0689
右奥に米蔵が見えています
倉敷旅行20231006_101400P0666
お土産を探しに
倉敷旅行20231006_082531P0645
倉敷民芸館に寄ってみます
倉敷旅行20231006_105723P0704
倉敷段通を求めました
20231006倉敷緞通
路地を抜けて
倉敷旅行20231006_112031P0711
井上家住宅(←クリック)に向かいます (1721年)
江戸時代初期から倉敷の有力者(『古録』)だった井上家の住宅で、
今から約300年前に建てられたものです
倉敷旅行20231006_112226P0713
美観地区で最も古い建物です
正面2階の倉敷窓には、防火用土扉がついていて、
倉敷の街に現存する唯一のものです

見取図
20231006井上家住宅見取図
入口の土間では、大黒柱に支えられた登り梁を見ることが出来ます
倉敷旅行20231006_113721P0734
表通りに面した店の間の蔀戸(しとみど)・摺揚戸 
倉敷旅行20231006_112719P0717
上下・左右に分かれた板戸で、上下左右 1/4から全開まで、
必要に応じて色々な開け方ができます
座敷
倉敷旅行20231006_112801P0718
奥の間から居間を見通します
倉敷旅行20231006_112917P0720
座敷と客人をもてなす茶室を結ぶ太鼓橋
倉敷旅行20231006_113239P0726
奥の間
倉敷旅行20231006_113007P0722
台所
倉敷旅行20231006_113205P0724
大橋家、井上家共にびっくりするような豪邸です
昼食は、あずみ の手打ちそばを頂きます
azumi
約50年前に、大原総一郎が長野から招いた、大原家お墨付きの
信州そばの店です

13時過ぎ、倉敷から、山陽本線、新幹線と乗り継いで、神戸に移動、
15時前に三宮のホテルに到着
倉敷旅行20231006_144107P0749東急ホテルから
一泊して、5月に取りこぼした所に再挑戦します

先ずは、摩耶山の夜景
20231006摩耶山乗車券

JR 六甲道駅からバスで摩耶山の麓へ
倉敷旅行20231006_172745P0752
摩耶ケーブル駅から
倉敷旅行20231006_173220P0754
 5分で
倉敷旅行20231006_173507P0755
虹の駅へ
倉敷旅行20231006_174049P0757
さらにロープウェイで5分、
神戸、大阪の街を望みながら星の駅へ向かいます
倉敷旅行20231006_175241P0767
夜景撮影に備えて、Maya View Terrace 702で、定番のカレーライスで腹拵え
倉敷旅行20231006_180824P0774
段々日が暮れてきました
倉敷旅行20231006_181014P0775
百万弗
倉敷旅行20231006_182622P0794
夜景です
倉敷旅行20231006_190541P081120230610photoshop強化

神戸の街を眼下に見ながら下山します
倉敷旅行20231006_193340P0831
5月には、曜日が合わず登れなかった摩耶山の夜景を存分に楽しみました

0月 6日(木) 倉敷そして神戸へ (←クリック)
倉敷・吹屋・神戸旅行 目次(←クリック)へ戻る



<2023年10月5日(木)>

今日は、弁柄色に染められた吹屋ふるさと村(高梁市)を訪ねます

趣のある宿のロビーで朝食を済ませ
倉敷旅行20231005_070939P0325
8:38 倉敷発普通列車で、備中高梁に向かいます
倉敷旅行20231005_084711P0337
倉敷から5つ目の『美袋』駅 何と読むのでしょう?
有名な難読駅名です
倉敷旅行20231005_091401P0340クイズ問
正解は、みなぎ』駅です 
倉敷旅行20231005_091401P0340クイズ答
1925年 5月:伯備南線の宍粟駅(現・豪渓駅)- 美袋駅間延伸時に、
       終着駅として開業


9:18 備中高梁 に到着です
倉敷旅行20231005_093410P0342
吹屋へのバスは本数が少なく、移動の自由が利かないので、

Psso
レンタカーを予約しておきました
山の中を走ること 40分、吹屋ふるさと村に到着です
倉敷旅行20231005_105927P0343
江戸時代中期頃より、幕領地として吹屋銅山を中心とする鉱山町へと発展
幕末から明治時代にかけては、銅鉱とともに硫化鉄鉱石を酸化還元させて
製造した
弁柄酸化第二鉄)の日本唯一の巨大産地として繁栄
弁柄は、主に美術工芸用の磁器の絵付け・漆器、神社仏閣の外壁塗装に
多用されました
最盛期には銅山で働く従業員数が1200人にのぼり、山間に忽然と存在する
吹屋集落の
弁柄格子と石州瓦による赤褐色の重厚な商家の町並みが当時の
繁栄を象徴しています               (Wikipediaより)


村の本通りを進んでいきます
倉敷旅行20231005_110112P0345
道の両側は、弁柄色Japan Red !!)の建物が続きます

旧 川本家
倉敷旅行20231005_110438P0353
高梁市吹屋連絡所
倉敷旅行20231005_110548P0357
ミニ朝市(野菜)と Cafe 松栄館

倉敷旅行20231005_110829P0363
麻田百貨店
倉敷旅行20231005_111001P0367
本通りから右へ逸れて、旧 吹屋小学校へ向かう途中、
倉敷旅行20231005_111754P0381
弁柄色の屋並みを見渡すことができます

旧 吹屋小学校 (1900-1909年) 県指定重要文化財
倉敷旅行20231005_112309P0387
1873年 開校 
1900年 東校舎、西校舎落成
1909年 本館(木造2階建て)竣工 
     本館玄関を中心とする左右対称配置が完成
2012年3月 閉校               (Wikipediaより)
倉敷旅行20231005_112510P0389
太い梁の見える玄関奥の『三間廊下』(雨天体操場)
倉敷旅行20231005_112716P0390
講堂  天井に特徴があります
倉敷旅行20231005_113346P0397
1918年には、最大 369名の生徒が在籍していました

校長室
倉敷旅行20231005_113902P0404
復元された明治時代の教室
倉敷旅行20231005_114220P0410
記念の入校証を頂きました
20231005吹屋小学校入校証(1)
街(村)歩きを続けます
倉敷旅行20231005_115813P0426
旧 長尾家
倉敷旅行20231005_115934P0427
吹屋郵便局
倉敷旅行20231005_111128P0370R1
長尾醤油・酒店
倉敷旅行20231005_115946P0428
旧 叶屋 仲田家 旧天領吹屋村 庄屋
倉敷旅行20231005_120257P0434
郷土館 旧 片山家分家   角片山 (←クリック)(1879年)
倉敷旅行20231005_120333P0436
旧 片山家住宅 本片山(←クリック) 国の重要文化財
倉敷旅行20231005_120358P0438
特産品としての吹屋弁柄の地位を守り続けた豪商です

倉敷旅行20231005_120421P0439
主体部 18世紀末 建立
主体部南側の増築部と仏間部  
1830年 以前
米蔵・
弁柄蔵・仕事場、部屋  1855年 以前
座敷部 1875年 増築
倉敷旅行20231005_122151P0460
二間続きの大座敷
倉敷旅行20231005_120942P0445
手入れの行き届いた広い庭
倉敷旅行20231005_121056P0448
奥の一段高い部屋が、当主夫妻の寝室
倉敷旅行20231005_121258P0450

倉敷旅行20231005_121435P0452
中庭を取り囲んで、米蔵、弁柄蔵、仕事場や
倉敷旅行20231005_121739P0453
玄米蔵、道具蔵などが
倉敷旅行20231005_121935P0456
立ち並んでいます

本通りを更に西に進んで
倉敷旅行20231005_122502P0468
一段高い所にある 
倉敷旅行20231005_122541P0469
山神社境内に登ります
倉敷旅行20231005_122643P0471
境内からは、弁柄色の瓦屋根が
倉敷旅行20231005_122745P0473
見渡せます
倉敷旅行20231005_122832P0475
旧 吹屋町役場 (明治時代中期)
倉敷旅行20231005_123201P0481
べんがら屋
倉敷旅行20231005_124129P0487
土産物を求めます

つくし
倉敷旅行20231005_131711P0500
スープカレーの店で昼食を取ります
倉敷旅行20231005_125818P0494
雲が切れて、日が差してきました
倉敷旅行20231005_131808P0503
弁柄色
最終倉敷旅行20231005_131835P050420230610photoshop_120230610photoshop強化
一段と
倉敷旅行20231005_131855P0505
映えてきます
倉敷旅行20231005_131900P0506
弁柄工場を再現した『ベンガラ館』は車中観光です!
倉敷旅行20231005_135049P0513
車で数分の、吹屋銅山笹畝坑道に廻ります
倉敷旅行20231005_135627P0514
江戸時代から大正時代まで操業した吉岡銅鉱山を復元したものです
ひんやりとした坑道を、腰を屈めて進んでいきます
倉敷旅行20231005_140212P0521
入口で借りた黄色いヘルメットが、何回も坑道の天井にぶつかります
銅鉱山の採掘の様子が
倉敷旅行20231005_140505P0528
再現されています
倉敷旅行20231005_140834P0533
広兼邸
倉敷旅行20231005_143136P053820230610photoshop強化_1
1800年頃、銅山と硫酸鉄の製造を営み、巨大な富を築いた庄屋
広兼氏の邸宅です
お城と見まごう堂々とした石垣で、映画『八つ墓村』で使われたそうです
上まで登る気力がなく、遠望観光です    

備中高梁 15:49発 岡山行普通列車で、倉敷に戻ります

倉敷旅行20231005_155029P055120230610photoshop強化
今晩の食事は、本町通りの『みやけ亭』で
倉敷旅行20231005_180658P0565
趣のある店造りです
倉敷旅行20231005_181159P0566
評判の タン・シチューを頂きます
倉敷旅行20231005_182358P0571
本町通りを抜けて宿に帰ります
倉敷旅行20231005_190553P0573
旧 第一合同銀行倉敷支店のステンドグラス
倉敷旅行20231005_191118P0581
未だ 19時過ぎですが、倉敷川沿いもひっそりとしています
倉敷旅行20231005_191554P0589
今日も一日充実した街(村)歩きを楽しむことが出来ました
お休みなさい

10月 6日(木) 倉敷そして神戸へ (←クリック)

倉敷・吹屋・神戸旅行 目次(←クリック)へ戻る

↑このページのトップヘ